ストレスチェックで異常があった時にすべきこと

ストレスチェックで異常があった時にすべきこと

ストレスチェックで異常があった時にすべきことですが、これは他の一般的な体調不良とか心身の不調があった際の対処とあまり大きく変わるものではありません。
その意味ではストレスチェックは決して何か特別なことをしているのではなく、体ではなく心に主にフォーカスしているものの、ごく普通の物事に含まれるとも言えます。
もし何らかの体調不良とか不調を感じた場合には何をすべきですか。
何も難しいことではありません。
誰であれ、軽いものであればまずは休養を取るようにするとか栄養のある食事をしたりするなどして、回復に努めようとするはずです。
あるいは薬やサプリメントなどに頼る人もいるかもしれません。
それでも治らないようであれば病院やクリニックに行って医師の診察を受けることになります。
ストレスにおいても基本は同じであり、軽い症状レベルであれば休みを取るとかリフレッシュを図ることが必要ですし、多少なりとも重いものになれば医師の診察を受けるべきです。

義務化されたストレスチェック制度のテスト内容

近年ストレスを感じる人が多くなりました。
症状が進んでしまった場合はうつ病などを発症してしまうリスクがあり、できるだけ早期に発見し治療を行わなくてはなりません。
仕事上でもストレスはたまることから、常時50人以上の労働者がいる事業場において義務化されており、1年に1回は最低でも実施しなくてななりません。
企業においてもストレスチェックはメンタルヘルス不調の未然防止である1次予防の推進が目的となっています。
具体的なストレスチェックのテスト内容は、義務化になっているものの決まった書式があるわけではありません。
事業場ごとに決めてよいことになっていますが、労働安全衛生規則により、心理的な負担の原因についての項目や心身の自覚症状に関する項目、そして当該労働者への支援に対しての項目の3つは入れなくてはならない決まりになっています。
難しい場合は厚生労働省でも簡易調査票を提示しているので、参考にすることができます。
該当する番号に印をつけるのみとなっており、労働者は比較的簡単に受けることが可能です。

著者:永島公治

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
仕事の関係で勉強しだしたストレスチェック。
お役に立てれば、とサイトを開設しました。